MOVIE

2018年1月27日:鎌ヶ谷で行われた初ライブより

君が揺れ動いたから

作詞作曲:ヒサポタマス


君が揺れ動いたから その瞬間を見逃さない

君を抱きしめるはずが そこに居たはずの面影を 探す


これまで伝えた歌がゆっくり 慰めるように今問いかける


あの時 君の瞳(め)見れずに 淋しくて泣きたくて うつむいた

覚えた 嬉しい言葉も どんなにもう脆くても 聞き逃せない ほら通り雨



木の葉舞い落ちるから モノクロのなかに紅を さした


つまさき立ちして見てた未来(モノ)が 激しい音を立て崩れて落ちる


背中を 追うのが精一杯で 淋しくて泣きたくて 苦しかった

あの場所 出てくる記憶は ひとつずつはかなくも 消えてゆくから ほら通り雨


聞こえない 君の声 君の文字 「逢いたい」すら

あふれる 君への想いは かろうじて書き記す また笑えるかな ほら通り雨


虹を渡ったなら さらば通り雨


2018年1月27日:鎌ヶ谷で行われた初ライブより

ブス専

作詞作曲:ヒサポタマス


色んな女の子がいるぜ

お目当ての子が参加するかもよ


クールな装い香水の香り 頭がくらくらキーンとしてきちゃう

単刀直入に言えば僕ら ヒトの皮をかぶったサルです

燃え上がる夜も電気をつけたら バイ バイ バイ バイ バイ

「お前はモテるんじゃなくて ストライクゾーンがひろいだけ」

あー!言ったなー!言ったなー!言ったなー!


ブス専ブス専ゆーけどさ お前ら一体何様だ

そんなことをしゃべる前にさ その顔を鏡で見てみな

ブス専ブス専ゆーけどさ お前ら一体何様だ

俺の彼女を見てみなよ。世界一の絶世の美女             ブス専!


泣き虫なクセに強がる

カピバラのようにずんぐりセクスィー!!


この際働いてなくていいぜ 暇さえあれば会いに来てくれる

メガネを外して妖艶な笑みを 僕に仕向けては身体を委ねてくる

ケンカをした朝も両手を合わせて バイ バイ バイ バイ バイ

高級ホテルは媚薬で「君の為、死ねる」と吠えたね 

あー!言ったなー!言ったなー!言ったなー!


ブス専ブス専ゆーけどさ お前ら一体何様だ

「士農工商で例えたら、お前の彼女はえたひにん」

ブス専ブス専ゆーけどさ あの子の笑顔は最高さ

引き出すことができないのか 認める事ができないのか


ブスとか、んなこたぁ言わないで イケてる男になれるといいね

お天道様に顔向けて 今日も一日いい日になる


あの子の笑顔にメロメロリン

答えはいつでも闇の中・・・・・


2018年1月27日:鎌ヶ谷で行われた初ライブより

スパシーボ

作曲:ヒサポタマス&ガイポタマス

作詞:ヒサポタマス


スパシーボ 夢が覚めて 新しい一日が始まるに

スパシーボ 歩いてゆく 独りの男の物語に

心に巣食う 痛みを堪え 進むべき道 決してぶらさず


どんな時でも前を向けるか 見栄を張らずにそう 走れるか

四面楚歌でも突き進んでく その背中ならば 伝わるに


スパシーボ 愚痴は言うな 男のレヴェルがほら下がるに

スパシーボ 振り返るな 泪はゆりかごに置いてくに

矛が鍬でも はしご無くても 仇でなくても 挑み続ける


どんな時でも前を向けるか 見栄を張らずにそう 走れるか

四面楚歌でも突き進んでく その背中ならば 伝わるに


故郷の母 竹馬の友を 思い返しても走るだに

胸に飾るは 勲章でなく たったひとつの 思いのみ


どんな時でも前を向けるか 見栄を張らずにそう 走れるか

四面楚歌でも突き進んでく その背中ならば 伝わるに


故郷に帰るだに

故郷に帰るだに

故郷に帰らう


2018年1月27日:鎌ヶ谷で行われた初ライブより

紡ぐ人

作曲:ガイポタマス

作詞:ヒサポタマス


広い模造紙の上にほら 君の未来を描いてくんだよ

その色は鮮やかな青い空模様 君にも色つけてほしいんだよ

とても大事な人たちがさ 君の未来を色濃くする

それはとても幸せな事なんだ 目を開けてみて まっすぐな道が見える


はだしのままで君は その一歩を踏み出してみる

風が優しく通り抜けてく  広がる世界 虹の架け橋 ゆっくりと進もう

泣き笑いもするんだろう それもきっとどこかの道の上

ほらね大したことはないんだ 昨日の自分 ためらう言葉 見下ろして呟く


あぁ そのまま 勇気があればいい あぁ そのまま 歩いて行ける

ほうら その道は間違ってなんかないんだよ だって生きてる


例えば見知らぬ人が君の 模造紙に暗い色を足しても

手にした重い筆は進み続ける 振り向いてみて もうそこは次の章


深い闇の中でもがいたら 開ける光のまぶしさを 

感じるでしょう その優しさは 君の色となり人間性を 構築する為の要素


長い長いその道を いつの間にか曲がってたその道を

立ち止まらない 引き返さない 消せない過去も糧になりゆく ほら君が笑えば・・・


転んだときの痛みさえも 笑い飛ばし泣きじゃくりゆくんだ

今より高く はるか遠くへ 目を離さずに風を頼りに ずっと紡ぎ続ける


この空の広さを知る それだけで僕は叫ぶ意味がある

飾らない想いと 終わらない物語 書き足してゆこうか 

鮮やかな未来を


2018年1月27日:鎌ヶ谷で行われた初ライブより

虹色未来

作曲:ガイポタマス

作詞:アキポタマス


繰り返すページに飽き飽きもするさ でもね?もしかしたら今日は何かあるかも

数々の占いに頼る日もあったな そんな出会いってあるわけないだろう?


ひたむきに走ってみても 怒られたな…笑われたな…泣きじゃくってたな…

気がついたらそこに溢れてる 仲間たちと手を握った


思い出に映る僕は頼りなくたって 君と映る全てが宝物だった

「大丈夫」っていつもごまかしていたけれど 強くなろう届けよう「僕がいるから」


なぞなぞだらけでもひたすら解いてく こんな毎日もちょっとは慣れてきたかな

見つからない答えに立ち止まらなくていい 明日見えてくる答えもあるから


夕焼けの空が映し出す 美しさも切なさも拾い集めて

「虹色未来が来るんだ」って仲間たちと誓い合った


支え合うこの世界で歩いてく僕は どれだけの涙を救えるのだろう

「ありがとう」って笑顔に守られるような 旅に出よう踏み出そう「君がいたから」


いくつもの涙を流してゆくだろう 何度でも何度でも笑ってゆこうか


思い出に映る僕は頼りなくたって 君と映る全てが宝物だった

「大丈夫」っていつもごまかしていたけれど 強くなろう届けよう「僕がいるから」


Key:マキポタマスの「伝わらない食レポ」シリーズその3:野菜たっぷり味噌ラーメン


Key:ガイポタマスのバンド紹介♪


Key:マキポタマスの「伝わらない食レポ」シリーズその2:酸辣湯麺


ヒポポタマスシンデレラの曲「君が揺れ動いたから」を紹介します! どんな思いで作詞作曲したかをコメントしています。


作詞・作曲:ヒサポタマス


Key:マキポタマスの「伝わらない食レポ」シリーズその1:たらこときのこのクリームソースパスタ


ヒポポタマスシンデレラ

そのユニークなバンド名の由来を説明します♪

 ライブの告知もしていますので、最後までご覧ください。